Fishing boat selling

使わないなら捨てるより中古漁船が最適|必要な書類

船を処分したいとき

買取してもらうのが賢い

財布

中古漁船の買取業者は探すと結構な数があります。
このような業者に中古漁船を買取してもらう時の手続きの流れを具体的に見てみましょう。
まずは中古漁船など中古船の買取をしている業者を見つけます。
これはインターネットなら簡単に見つかります。
そして、業者を選んで、電話やインターネットなどで査定の申込みをします。
そうしますと、大凡の査定額を知らせてきますので、それを見て売却するかどうか検討するわけです。
中古漁船を売却する決心がつきましたら、中古漁船の現地査定を依頼します。
やはり実際に見ないと正確な買取価格が出ません。
なお、現地査定は全国どこでも無料のことが多いようです。
そして、その場で買取価格が提示されますので、納得できるのでしたら買取してもらいます。
買取代金は、書類などが揃っていて、その場で中古漁船を引き渡せるのでしたら、引き渡しと同時に現金で受け取ることができる場合もありますが、銀行振込が一般的でしょう。
書類の手続きは、買取業者が無料で代行するのが一般的のようです。
そして、中古漁船の買取が速やかに行われるためには、あらかじめ書類を準備しておくことでしょう。
必要な書類は、船舶検査手帳や船舶検査証、後は免許証などの身分を証明できる書類や印鑑証明書、実印です。
それから譲渡証明書や委任状もあると良いでしょう。
中古漁船が破損している場合もあるかと思いますが、それでも買い取りできることも多いといいます。
とりあえず現状のまま現地査定を受けてみることをおすすめします。

現金買取もしてくれます

漁船

不要になった中古漁船は専門店で売却しましょう。
専門店にに依頼すればエンジンが動かなかったり船体にダメージがあったりしても、問題なく買取してもらうことが可能です。
買取専門店が動かなくなった中古漁船も買取できるのは、独自のノウハウを生かして海外への売却ルートを確保しているからです。
日本製の中古漁船はその信頼性の高さから海外でとても人気があります。
そのため年式が古かったりエンジンが動かなかったとしても、メンテナンスさえすればしっかりと買い手を見つけられるので驚くような高額査定を提示できるのです。
買取専門店への査定依頼はネットから可能です。
専用フォームから漁船の基本データを入力して写真を添付すれば、すぐにおおよその買取金額を知ることができます。
おおよその査定額に納得できた場合は正式に買取依頼を行いましょう。
エンジンなどが不調で動かせない場合でも出張査定を依頼すれば、専門店が指定の場所まで査定士を派遣して本格的な査定を行ってくれます。
また所有する漁船を処分したり譲渡したりする際には廃船手続きが必要となりますが、これらの手続きもすべて専門店が行ってくれるので安心です。
中古漁船の売却代金は指定の口座に振り込みが可能なのはもちろんのこと、希望すればその場での即金買取も依頼することができます。
そのため買取専門店で中古漁船を売却すれば、新しい漁船を購入する費用もすぐに準備することができることにくわえ廃船費用も節約することができます。

まずは査定をしてもらおう

電卓

近年では個人で船を持つ人が増えていたり、マリンスポーツなどの活発化などから中古の船に関する需要があがってきています。
とくに漁船は値段も高いので、中古漁船で済ませる人も少なくありません。
また、船が少しでも故障すると大きな事故になる恐れもあるので、処分するのがもったいなく思ったときにも、中古漁船の業者に買い取ってもらうことができます。
買取を依頼する場合はまず専門の業者への依頼が必要です。
とくに船の場合は、かなりの大きさなので、出張査定を依頼すると良いでしょう。
また、査定の前にその船の状態が分かる写真を何枚かとっておき、前もって業者に送ると業者側も助かります。
また買取をしてもらいたいときは、中古漁船といえども、きれいにメンテナンスをしておくことをお勧めします。
思わぬ傷や故障が見つかったりすると買取価格も落ちるので、自分で修復できる範囲の傷や故障は自分の力で直しておきましょう。
査定の際に必要になるものとしては、船舶検査書や船舶検査手帳、身分証明書や印鑑証明書などがあります。
これがないと買取が拒否される可能性もあるので注意しましょう。
実際に査定が行われるときは、専門のスタッフが中古漁船の試運転を行います。
また買取は中古漁船だけでなく、水上バイクやトレーラー、ヨットやボート、さらには船外機類のものも行ってくれるので、海上関係の仕事や趣味を行っている方にも好評です。
査定後は、即日現金での受け渡しが多く、振り込みの選択も可能です。