Fishing boat selling

使わないなら捨てるより中古漁船が最適|必要な書類

廃船にはお金がかかる

お得に処分するには

お金

漁師をやめる際には、今まで使っていた漁船を処分する必要があります。
車などであれば処分するのも意外に簡単ですが、船となると陸送するのも大変で処分を面倒と感じる人も多いことでしょう。
また、この中古漁船を処分するためには費用がかかります。
処分するための費用としては、7〜8mなら112,000円程度、14〜15mになると412,000円程度のリサイクル料金が必要となります。
この費用に加え運搬費なども必要になります。
この料金を見ると、廃船するのもためらう人もいるのではないでしょうか。
少しでも処分費用を抑えたい人に便利なのが、中古漁船の買取をしている業者です。
もし買い取ってもらえるのなら、船を処分できるだけでなくお金も手にすることができます。
また、このような業者では中古漁船の処分をしてくれるところもあります。
このような業者では、中古漁船の売買だけでなく、部品などの売買をしている業者も多いです。
そのため、動かない漁船でも部品取りをして利益を得ることができるため、その分安く中古漁船を処分することができます。
買取業者を利用することで、通常の処分方法よりも安く廃船にすることもできます。
使わなくなった漁船を処分するために高い費用を払うのは誰でもためらうものです。
費用が気になるからといつまでも使わない船を放置するわけにもいきません。
廃船を決めた時には、まず中古漁船の買取業者に相談してみることをおすすめします。

最近の取引の傾向について

お金

沿岸や沖合で漁業を営んでいる人たちにとっては、高性能な漁船を購入して、高収益を実現することが大きな夢です。
しかし新しい船は価格が高いために、質の高い中古漁船を購入して、老朽化した船と置き換えるのがトレンドです。
最近ではインターネット上でも、中古漁船に関する情報を集めることができるので、大手メーカーの人気の機種もスムーズに探せるでしょう。
船体やエンジンの状態によって価格は異なりますが、特に人気があるのは長さが6メートル前後で、価格が200万円程度の中古漁船です。
また中古漁船を取り扱う業者は、買取や売却の仲介業務も行っているので、古くなった船もスムーズに処分できるでしょう。
エンジンの動作状況が良好な中古漁船を手に入れたい場合には、専門業者が在庫として保管している船に注目するのがポイントです。
業者が倉庫等で保管している船であれば、すぐに実物を確かめたうえで、価格や引き渡し時期などの話し合いをすることも可能です。
そしてエンジンや各種部品も取り扱っている業者を活用するのが、中古の漁船を購入した後も、継続して使い続ける最善の方法です。
主要メーカーの中古部品も販売している業者は、船が故障したときにもパーツを供給してくれるので、修理作業も円滑に行えるでしょう。
更に船が不要になった場合には、状態に合わせてパーツや航海用の機器を取り外して、買取を依頼するのが理想的です。
とりわけ魚群探知機やエンジンなどは需要が大きいので、中古漁船の売買を行う業者も、好条件で引き取ってくれるでしょう。

名義変更は販売店が代行

乗り物

中古漁船を扱っている販売店は各地に複数存在しており、ネット上には各お店のホームページが設けられています。
現在扱っている中古漁船を見ることができるため、購入希望の方はネットでお店の状況を調べてみると良いでしょう。
購入する場合は売買契約書の取り交わしが必要になりますが、どこのお店もスムーズに進めてくれます。
登録対象となる漁船は名義変更も必要になるので、事前にスタッフに話を聞いておくと良いでしょう。
ほとんどの場合、名義変更は中古漁船を扱う販売店が代理人となり、必要書類も用意して行ってくれるため、購入者が煩雑な手続きを進める必要はありません。
手続きの際は購入者の印鑑証明書や実印が必要になるので、名義変更手続きに合わせて準備しておきましょう。
各店保管場所までの曳航サービスも実施しているため、現地で船の到着を待つことも可能です。
それぞれサービス面では手厚い対応を行っており、購入の際は安心して任せることができます。
大きな買い物になるので保証の有無についても気になるところですが、中古漁船に保証が付く例は珍しく、多くは購入後自己の責任で対処していくことになります。
しかし、中古漁船を扱う多くの優良店は、点検や整備をしっかり行い万全の状態に仕上げて売りに出しているため、購入後の不具合を過度に心配する必要はありません。
各店見学のほか試乗にも対応しているので、じっくりと性能や状態を確かめ納得した上で購入できます。